ライターに仕事を発注するときに必要な5つのポイント

※この記事は、2019年2月15日に公開したnoteの記事の一部を改稿したものです。

 

編集の仕事やメディア運営などのご経験がない限り、「フリーライター」とか名乗られても、どんな仕事をどこからどう頼めるのか、発注するには何をどう準備したらいいのか……馴染みがない企業の方はよくわからないですよね。

そこであらためて、企業の方(初心者)向けに、ライターへ仕事を依頼する際に抑えておきたいポイントをまとめ直してみました。

「書き手」が見つからずお困りの企業の方、よろしければ参考にしてください。

 

▼こんな方向けの記事です

  • 事業会社に所属している(非メディア)
  • ライターと仕事をするのがはじめてである
  • 情報発信をするため、ライターを探している
  • なかなか案件とマッチしたライターが見つからない
  • ライターへの上手な発注の仕方がわからない

 

「ライターならこのくらい当然」という常識は存在しない

ちなみにライターは、初期投資ほぼゼロで仕事をはじめることができ、資格等も特に必要ないため、「名刺に“ライター”と書くだけで誰でも名乗れてしまう」、ある意味とてもキケンな職業でもあります。

今はいわゆる「Webライター」なる新たな呼称が定着するなど、ライターが担う仕事の領域はなおいっそう、上下左右に広がり続けていますね。

そのため同じ「ライター」という肩書きでも、得意分野や業界、領域などはもちろんのこと、仕事の仕方、スタンス、実力レベル、業務の守備範囲まで、本当に一人ひとりバラバラ。

だから「ライターなんだからこのくらいできて当然」という常識は、とっくに通用しなくなっているのです。

だからこそ、仕事の依頼時に丁寧なすり合わせが必要になるのです。

 

今回はひとまず、企業の中の方が何かしらのテキスト作成をライターに依頼するとき、必要となる基本のポイントを列挙していきます。

あくまで最低限の項目ですが、参考にどうぞ。

(※最後に、5つの項目+αをまとめたヒアリングシートをつけましたので、ご活用ください)

 

1) 何のため、誰のために、何を書く?

発注時の判断基準となる基本が、“WHY/WHO/WHAT”です。内容次第で、得意・不得意、受ける・受けないなどが分かれます。

「いやそんなん当たり前やん」と、思うなかれ。依頼のうち7割は、この3つが網羅されておりません。(※わたし調べ)

●WHY:何のため?
「若手の採用を推進するため」「社内コミュニケーション活性化のため」「新規顧客を獲得するため」など

●WHO:誰のため?
学生向け、社員向け、新規顧客向け など

●WHAT:何を書く?(掲載されるのはどこ?)
販促用パンフレットのテキスト、コーポレートサイトのコンテンツ、採用サイトに掲載されるインタビュー、オウンドメディアの記事、社内報の記事、顧客事例 など

さらに過去記事やサンプルなどがあると、最終的な納品の形がイメージしやすく、齟齬が少なくなります。

▲この3つがわからないと、お受けできるかどうかの判断ができません。必ずお知らせくださいね。

 

2)いつから始まり、いつまでに必要な仕事?

よくあるのは、「●月●日に取材できますか?」「とりあえず●ページあるんですけどお願いできますか?」というご依頼。

実は、それだけだと困ってしまうんです。

ライターの仕事の多くは、「取材(ヒアリング)すること」と「書くこと」

かろうじて取材や打ち合わせの日程が空いていても、執筆にかかる時間を確保できるとは限りません。それぞれ別の日程調整が必要です。

「取材(もしくは打合せ)はいつ頃で、納品はいつまでに必要」と、2段階のスケジュールをお知らせください。

 

3)全体のボリュームはどのくらい?

ここも抜けがちなのですが、とても重要な情報です。

ざっくりと「サイトのライティング」「パンフレットのテキスト執筆」だけだと、一体何ページ分、何文字分のテキストを書けばいいのかわからず、適切なお見積の算出、スケジュールの確保ができません。

「大体何ページくらいのパンフレット」「何文字くらいのWeb記事」など、おおよそでよいので、執筆する必要がある分量をお知らせください。

 

4)求めている業務範囲はどこからどこまでですか?

一番シンプルな依頼は「このテーマでこの人に取材して●文字のインタビュー記事に仕上げてください」みたいなもの。この場合、ライターが担う仕事は「取材する」「書く」、この2つだけです

ただ、「ライティング」の周辺には、細々とした仕事がたくさん付随するもの。

そこもフォローする必要がある場合は、「どこまでやってほしいのか」を依頼時に必ず伝え、すり合わせておく必要があります。

ここは非常にすれ違いがおきやすいので、注意したいところです。

ライターによって、できる・できないが分かれることもありますし、それぞれにかかる工数、見積りも変わってきますので、ご注意ください。

 

●どっちがやるの? 思い込みですれ違いが起きる仕事の例

  • 情報発信そのものの戦略策定
  • 企画・テーマ案出し
  • 取材先の選定、アポ取り、場のセッティング
  • 写真撮影、カメラマンアサイン、写真選定
  • 資料探し、市場リサーチ、データの提示など
  • 構成・編集(ライティングとは異なります)
  • デザインのディレクション、ラフ作成
  • 校正・校閲
  • CMS等への入稿  などなど

 

5)ご予算はいかほどでしょうか?

さて、最後のポイント。とても大事なことです。

たとえば「トータルで使える予算の上限は20万円」とか、「記事1本のライティングのみで5万円まで」とか、現実的なご予算がお決まりの場合は、事前に遠慮なくご共有ください。

見当がつかない場合は、上記(1)〜(4)の情報を伝えた上で、見積もり依頼をしてください。

報酬額はライターによって、また案件の特性や内容によってかなり幅が出てきます。

 

<参考>費用がプラスでかかる要素

  • 専門性が高いジャンル、領域である(インプットが必要)
  • 経営者、役員、有識者などの取材
  • 参照しなければならない資料が膨大である
  • 校正の独自ルールが厳格である
  • 遠方の取材(拘束時間が長くなるため)
  • 企画提案が必要な場合
  • 構成が決まっていない場合(ページ構成など)
  • デザインラフの作成が必要な場合
  • その他(詳細がお決まり出ない場合。ご発注時にご相談ください)

 

まとめ

↓上記をまとめたヒアリングシートがこちら。よろしければ、DLしてご活用くださいませ。

>>> ライティング依頼用 ヒアリングシート

 

▲お問い合わせ時、こちらをご記入いただけるとスムーズです!

ちなみに、上記のポイントがお決まりでない場合は、よろしければ編集者に一度ご相談ください。要件の整理からお手伝いできます。